飛行機は窓側、通路側どちらが快適?

- 飛行機は窓側、通路側どちらが快適?

飛行機は窓側、通路側どちらが快適?

飛行機を使う上で、気にしたいのが座席の位置です。「座席なんてどこを選んでも一緒!」という人もいますが、位置によってメリット・デメリットが大きいのです。2時間程度のフライトであっても、同じ席にずっと座り続けているので、体感時間はもっと長くなります。快適な旅にしたいのであれば、座席の位置は気にしておきたいポイントです。
格安航空券を購入した場合、購入時に座席指定は基本的にすることはできません。指定をするのは空港で引き換えるときです。もしも、複数人で利用するときに、隣同士の席がいい、指定した席がいいという場合は、購入後に空港に問い合わせれば、席の確保ができる場合があります。「格安航空券は座席指定ができない」と思っている人にぜひ知っておいて欲しい情報です。

各座席のメリット・デメリット

どんな席でも、それぞれメリットとデメリットがありますが、それらをいい席・悪い席のどちらと思うかは利用者次第です。

一番身近な席として挙げられます。飛行機だけでなく、新幹線やバスなどでも窓側か通路側かで少し考えるでしょう。この場合、移動中の時分の行動や体格などを考慮すると、自然と席が決まります。
まず、窓側の席のメリットは、「外の景色が見える」ということが挙げられるでしょう。乗り物酔いをしがちな人は、景色を見ることで気分転換になりますし、移動中の景色を楽しみたいという人には、欠かせないポイントです。次に「壁に凭れることができる」、「隣の人が立つときに動かなくてもいい」という点もメリットでしょう。移動中はできるだけ眠っていたい、という人は、こうしたポイントが嬉しかったりします。特に長時間フライトになれば、睡眠を摂ることを優先する人もいるでしょう。そんな時に窓側は便利です。デメリットとしては、立つときに隣の人に動いてもらわなければいけません。

次に、通路側のメリットです。通路側は何と言っても「立ち回りしやすい」という点に尽きます。トイレによく行く人、荷物を頻繁に出し入れしてしまう人などは通路側がおすすめです。立つたびに隣の席の人に立ってもらったりすると、お互いストレスになってしまいます。その代わり、デメリットとして、隣の人が立つときには逐一動く必要があります。

自分の好きな席を知るには

やはり何度か飛行機に乗って、いろいろな席を試してみるのが一番でしょう。また、航空会社によっては、窓側が良かったり、通路側が良かったりと、変わっていきますので、この部分はやはり経験になりますね。格安航空券を使う際には、あらかじめ席を予約しておくことを忘れないようにしましょう。

△PAGE TOP