格安航空券を使う時には確認が大切

- 格安航空券を使う時には確認が大切

格安航空券を使う時には確認が大切

格安航空券は、基本的に事前予約が必要です。販売サイトなどを使って、目的地までのチケットを予約し、当日に引き換えてもらうという方法が主ですが、事情によって当日必要になってしまったということもあるでしょう。また、チケットの発行に関していつまでに手続きをしなければいけないのかなど心配ごとが多いと思います。そこで、チケットの引き換えに関して情報を集めました。

当日でも格安航空券は手に入るのか?

一般的なトラベルサイトでの購入は早割などを利用して安くしているので、当日になればその割引が効かなくなります。また、事前予約が必要なことが多いので、当日、トラベルサイトで購入しようとしても取り扱っていないのが当たり前でしょう。
となると、利用できるのは、サイトではなく、金券ショップなどに頼らざるを得ません。金券ショップが近くにあるようなエリアであっても、目的地までのチケットがなければ意味はありませんので、当日必要ということであれば、割高になっても普通に買うほかないようです。

購入・引き換えはいつまで?

格安航空券の場合、約1か月前から購入できるものが多いようです。3か月以上になると、航空券自体取り扱っていないことが多いので、チケットを購入するには、早めにサイトをチェックしておくのが得策です。旅行の計画は気長に立てるのがポイントですね。
航空券は、支払いまでに3日間の期限がありますが、ここで気を付けておきたいのが、クレジットカード以外の決済方法を選んでしまうと、会社へ入金されるのに一日かかってしまう場合があるということです。夜の時間帯に入金しても、実際に入金されるのは次の日の朝ということになり、「入金確認ができませんでした」という扱いになり、キャンセルされてしまいますので、支払いは余裕をもって行いましょう。
もし、キャンセルされてしまった場合は、もう一度同じ手続きをする必要があります。その間、席が埋まってしまっても、文句を言うことはできません。

搭乗する日になったら、1時間前までには空港についておきたいものです。引き換え時の手続きには時間がかからないかもしれませんが、繁忙期になると、手続き待ちの人が増えるので、受付が込み合います。搭乗まで10分前というギリギリでついてしまっても、引き換えができなければキャンセルとなってしまうので、引き換え時には余裕をもって空港に到着しておきたいものです。
搭乗前の確認の他に、機内でやってはいけないマナー違反についても事前に把握しておくようにしましょう。

確認をしっかりとしてトラブル回避

航空券でのトラブルは、基本的に確認不足によるものが多いです。日時や航空会社、席など当日になって「知らなかった」じゃ済まされません。また、支払いの段階で、確認画面がきちんと出ますので、しっかり確認して良い旅にしましょう。

△PAGE TOP